看護師の養成施設について

 看護師の国家試験の受けるためには、看護師の養成施設で学んでいることが受験資格の条件の一つになっています。

 看護師になるためには、養成施設の種類もいくつかに分かれており、様々なコースがあります。

 高校を卒業した後に入学する場合は、看護系の大学や短大、看護専門学校などの選択肢があります。

 看護師の養成施設は、学校によって修業年数が違うのがポイントです。

 例えば大学は4年制ですが、短期大学や看護学校、専門学校の多くは3年課程です。

 社会人が多く通っている定時制の養成施設や、統合カリキュラム指定課程は4年課程になっています。

 中学を卒業し、高校へ行かないで看護師を目指す場合は、まず准看護師の養成施設で学び、准看護師の資格を取る必要があります。

 それから一定の実務経験を積み、今度は看護師の養成施設を卒業すると、やっと看護師の受験資格を満たすことができます。

 近年の制度改正で、10年以上准看護師として経験を積んでいる場合は、通信制の学校で看護師の受験資格を得ることができるようになりました。

 養成施設にはそれぞれ国立、公立、私立などの運営形態があり、授業料や設備、校風などに違いが出るようです。

 大きな病院では、看護師養成施設が付設されているところもあります。

 看護師と同時に、助産師や保健師の国家試験の受験資格が得られる看護系大学もあります。

 また統合カリキュラムを実施している4年制の専門学校もあります。

 近年では、看護系の養成施設はより高度な知識を学ぶために、4年制の大学へ移行する傾向があります。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial