看護師の面接について

 面接は転職する際に必ず受ける必要が出てきます。

 そこで伝えるべきことは、「いかに自分がこの病院にふさわしいか」ということです。

 評価を上げるためにおさえておくべきポイントは、いくつかありまずは必要なのは予備知識です。

 いかに自分がその病院に合っているかを伝えるためには、その病院のホームページをチェックしておき、資料がある場合には、それを十分に頭に入れておきましょう。

 しっかりと知っておく必要があります。

 ある程度の知識が入っていなければ、とっさの質問に答えられない恐れもあります。

 話し方も相手が聞き取りやすいようなハキハキした声を心がけましょう。

 その際に、しっかりと相手の目を見て話すことも大切です。

 話す内容が同じであっても、話し方によって相手に与えるイメージは大きく変わります。

 小さな声は自信のなさを連想させますし、消極的なイメージを与えてしまうので注意しましょう。

 質問に対する答え方で好まれるのは、聞かれたことに対して端的に答えを言える人です。

 実際の答え方としては、まず結論から述べて、その後に理由を話すのがいいでしょう。

 なぜなら、その方が話したいことが相手に伝わります。

 すぐに答えなければならないと焦って話し出すと、内容が支離滅裂になってしまう可能性があります。

 その場合は、多少時間をとってでも考えをまとめた方がいいでしょう。

 自分がいかにその病院に合っているかということをアピールしつつ、転職の面接に臨みましょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial