法律と看護師派遣 其の一

 代替要員としてでしたら、医師であっても看護師であっても、派遣は適用されるので単発で雇用されても問題ありません。

 そして紹介予定派遣とは、派遣先の企業に直接雇用されることが前提となっており、一定期間だけ派遣スタッフとして事前に仕事をするシステムです。

 派遣期間が終わり、企業と本人の合意があればそのまま社員として雇用されます。

 社員になりたいけれどお試し期間として派遣から人材を送るというシステムで、たくさんの方がこうした派遣のシステムを利用しています。

 ですから、単発で募集をしている病院が派遣看護師を採用しても、それは代替要員だったり、紹介予定派遣だったりするので法律に違反しているわけではないのです。

 法律で例外として許されている医師や看護師の派遣業務は、福祉施設にある診療所での採用です。

 特別養護老人ホーム、また身体障害者療護施設などが該当します。

 この診療所の勤務であれば、派遣の医師でも派遣の看護師でも採用することが許可されています。

 たくさんある派遣会社の中でも、看護師を専門としている派遣会社もありますので、自分が派遣看護師として働きたいならそうした専門派遣会社に相談してみると良いでしょう。

 自分で求人募集を確認することも良いですが、業務として法律に違反していないかはわからない可能性があります。

 そういう時は、看護師の就職を専門にあつかう派遣会社であれば知識も豊富ですし、単発などの求人募集もたくさん持っているでしょうから安心です。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial