法律と看護師派遣について

 派遣看護師とはどのような看護師なのか知っていますか?

 派遣会社にエントリーしている看護師は場合によって単発で仕事をすることもあります。

 最近では、単発の募集も増加しているので、今後益々派遣看護師の需要が増えてくるのではないでしょうか。

 看護師の派遣業務を知らない方が多いと思いますが、実は法律上では原則禁止となっている業務なのです。

 医者・看護師は通常の派遣業務と異なり、派遣制度が禁止されている業務となっています。

 実際には派遣看護師は実在し、単発募集も多くありその業務についている看護師さんはたくさんいます。

 法律で禁止されていることを堂々とやっているのはどういうことなのでしょうか?

 法律では、医師・看護師の派遣としての業務は禁止です。

 ですが形を変えて、紹介予定派遣というケースであれば看護師の人材を送り込んでも良いということになっているのです。

 基本的に看護師の派遣は禁止ですが、紹介予定派遣・代替要員としての勤務ならば法律では例外として許可する、となっているということです。

 女性の場合、結婚後産休や育休休暇は欲しいですが、看護師がこのような休暇を取ると、通常でも人手が足りない病院は余計に看護師不足になり困ってしまいます。

 そんな欠員を埋めるために雇われた看護師のことを、代替要員と呼びます。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial